グラフを制作するにあたりまず重視したところは分かりやすさでした。
支出は赤、収入は青というシンプルな伝え方をまず基本とし、相反した色を持ち合わせたイメージの湧くものは何かないかと自宅にあった鳥の図鑑を開いたのがキッカケです。

ブラジル南東部からパラグアイ北東部にかけて分布する、マイコドリの一種「Chiroxiphia caudate」という鳥に目が止まり、頭文字のChiroxとグラフを単純に足して「ChiroxGraph」にしました。

ちなみに日本語読みではチロックスグラフという事にしていますが、「Chiroxiphia caudate」は学名にあたりラテン語になるのでチロックスとは読まないようですがその辺はもう読みやすさ優先という事でそうしました。

本サイトでは写真の掲載はありませんがとてもキレイな鳥なので興味のある方は是非検索してみてください!